御由緒
 
 石津神社は延喜式西暦九二七年・平安時代)神名帳に見られ神社に伝わる古文書に往古、事代主神戎神此の地に五色の石を携え降臨され、この地に置き給う」、故、此処を「石津」と名付く。
 第五代孝昭天皇の七年(紀元前四六九年)八月十日の
神勅(天皇の命令)により祭礼を行う{日本最古の戎宮の由縁}以降、月の日を月次(月々のお祭り)として現在に引き継がれています。
 第十一代 垂仁天皇(紀元前二十九年〜西暦七十年)の御代には、出雲の国に住む
野見宿祢、当麻蹶速と力競べ功を賞して領地を賜り、後に当の神官となる。「相撲」の祖とも言われ、又、天皇崩御際の殉死の慣わし埴輪」によってこれに変える事を野見宿祢が献言、土師部の祖とされ、後世、菅原姓に引き継がれる。第十六代仁徳天皇の御代行幸啓あり、祈年穀祭に毎年官幣使を立て給う。第三十六代 孝徳天皇白雉三年(六五二年)当宮行幸啓の際、御手洗川の御鏡落とし給う是に依りて御手洗川を小川と云う(石津川の由縁)。第四十六代孝謙天皇の勝宝元年(七四九年)行幸啓あり。同五年神主紀伊守を内裏に召しを給う。同天平宝宇元年、紀伊守に藤原朝臣の姓を給ひ、従三位大納言を授く、河内の狭山、野田の二村を神領とせられる。当時の社領は八町四方に及び、殿宇は、厳然として広大類い無く、出雲大社に次ぐ御社なれば、石津大社とも云える所以なり。その後の幾度もの兵火により壮大な社殿も烏有に帰し広大な神領も失われつも、漸次建営せり。第九十六代後醍醐天皇行幸啓し給ひ、奉弊し給、その上、神官に冠及び沓を賜る。徳川五代将軍 綱吉公より元禄十年(一六九七年)朱印地賜り、河内四郡及び堺の付近は悉く石津の氏子なりき。第百十五代 桜町天皇の寛保三年(一七四三年)神主 飛騨守 石津連 陸野茂基に従六位下に叙せられる。
             「寛保二年壬戌の古文書、巻三・石津大社畧記より」

 
「日本最古の戎宮」
 津 神 社
大阪府堺市堺区石津町1丁15番21号
 Tel 072(241)0935
ishidu-jinja@ace.ocn.ne.jp
Copyright(c)2670-H22"石津神社"All Right Reserved.