人生儀礼

人生の通過儀礼とも呼ばれ、一生の間にさまざまな儀礼を経験します。
その中でも人生の折目や節目ごとに神様に奉告し、感謝の祈りをささげ
これから先の加護を祈願し、新たな決意をするのが伝統的な日本人の心です。
その折目や節目ごとの祈りと感謝は人生儀礼と呼ばれます。
 ご祈祷の場合は、前もって、それぞれの祈願者の『お札』『お守り』を神前にご用意いたしております
また、一組づつのご祈願となりますので、事前にご予約下さい。

 帯祝い=安産祈願

  妊娠5ヶ月目の戌の日か大安など吉日を選んで、岩田帯をつけることが慣例とされ、
 日にちが近づけば、安産祈願にお参りしましょう

 

 お七夜祝い=命名

 誕生後、7日目に子供の成長と長寿を祝い、名前を決めて神様に報告します。

 

 お宮参り=初宮詣

 男児は生後30日、女児は31日目に神様に誕生を奉告し、無事出産の旨を感謝し、
 合わせて、すこやかな成長をお祈りいたします。
 (必ずしも)日にちにこだわることなく、赤ちゃんとお母さんの体調などを考慮し、
 また気候の良い頃などを選び、生後100日位までの間で、都合のよい日にお参り下さい

 

 食初祝い=長寿祈願

 生後100日か120日目に初めて飯を与え(実際には食べさせるまねだけをする)お祝いします。

 

 初節句祝い=無病息災祈願

 生まれた子が、初めて迎える節句で、女子は3月3日、男子は5月5日に当たります。

 3月3日「おひなまつり」
  おひなさまを飾ってお祝いします。おひなさまは「大祓の人形(ひとがた)」と同じく、身代わりと
  して、ケガや病気になりそうな時に女の子を守ってくれるものと信じられています。
 5月5日「端午の節句」
  菖蒲(しょうぶ)の葉を頭に巻いたり、お風呂に浮かばせたりして、元気に大きくなれるよう、
  お願いするので、「しょうぶ(尚武、勝負)の節句」ともいわれています。
  また、元気で強い「コイ」が大きな川を上って行き、「竜」に変身するという、中国の昔話にならい
  困難に挑むときに、願いを叶えるものと「鯉のぼり」を飾ったりします。

  いずれも、こどもたちの健やかな生育を、家族そろってお祈りする、受け継がれてきた、
  美しい風習です
   { 期間中、社務所奥の部屋に、それぞれのお人形をお飾りしています }
  

 

 七五三祝い=七五三詣

 髪置の祝(男女3歳)、袴着の祝(男子5歳)、帯結びの祝(女子7歳)に当たる子供達が
 神社に参拝し、これまで育成して下さった神恩を感謝し、今後のご守護を祈願します。

 

 十三参り (平成29年度は 平成17年・酉年生まれの青年が該当)

 男女とも、こどもの心からだから大きく成長するころ、数え年13歳になれば、ご祈願をします。
 末社に祀る『能見福徳、知恵、名声を 授かるために、

 入学卒業祝い・入試合格祈願

 学業成就・入試合格の祈願を行い、卒業できたことに感謝し、社会に貢献できる人物となるように祈願します。
(当宮の天満宮において)

 

 成人祝い=成人奉告祈願 (平成29年度は 平成9年・丑年生まれの青年が該当)

男女とも満20歳、成人となったことに感謝し、将来への自覚を誓います。

 

 結婚式=人生の門出

 神前にて結婚の奉告を行い、夫婦円満、健康長寿、家庭が平和に幸福に、子孫繁栄を
 祈願します。

 披露宴会場はありませんので、ご了承下さい。


 お二人だけの「結婚式」は、随時できます。(日程のご確認をして下さい)

 貸衣装、記念撮影などは、お取次ぎもいたします。

 

 結婚記念祝い

  5年目:木婚式  10年目:錫婚式   15年目:水晶婚式 20年目:磁器婚式 
 25年目:銀婚式  30年目:真珠婚式 35年目:珊瑚婚式 40年目:ルビー婚式
 50年目:金婚式  55年目:エメラルド婚式 60年目:ダイヤモンド婚式

  祈  末永いお幸せを

 
 厄年の祓い=厄除開運祈願
平成29年(酉) 厄年
        
 男   
厄 25才 平成 5 年(酉)  厄 19才 平成11年(卯)
 厄入り 41才 昭和52年(巳)  厄入り 32才 昭和61年(寅)
 本厄 42才 昭和51年(辰)  本厄 33才 昭和60年(丑)
厄晴れ 43才 昭和50年(卯)  厄晴れ 34才 昭和59年(子)
 厄 37才 昭和56年(酉)
還暦 61才 昭和32年(丁酉)  
 
厄年というと、何かやっかいな年回りの様に、いわれておりますが、
そうではなく、長い人生において、その人が、
世の中社会において、また家庭にあって、あるいは自身の生涯において、
大いに役に立つ年、が、巡ってくる頃が
これらの年に当たってくるものと考えます
その年を、心身ともに元気で、無難に乗り越えることが出来ますよう、
神前にてお祓いを受け、厄介を祓い清め、ご加護をお祈りします

 長寿・算寿の祝い=長寿奉告祈願

古希祝い=70歳。喜寿祝い=77歳、
傘寿祝い=80歳、米寿祝い=88歳、卆寿祝い=90歳、
白寿祝い=99歳、など、誕生日にお祝いし、健康で長寿、子孫繁栄を祈願します。

 

 

「日本最古の戎宮」
 津 神 社
大阪府堺市堺区石津町1丁15番21号
 Tel 072(241)0935
ishidu-jinja@ace.ocn.ne.jp
Copyright(c)2670-H22"石津神社"All Right Reserved.